家庭用脱毛器 効果と限界

脱毛の種類

家庭用脱毛器でも一定の効果を持つ物が多いです。クチコミサイトなどで多くのレビューが寄せられているので、評価の高い脱毛器を購入すれば満足できる可能性があります。

ただし火傷のリスクを下げるために出力を少し低めに設定しています。よって産毛などのメラニン色素を多く含まず細い毛は残ることが多いです。

家庭用で安全に使うには出力に限界があるため、残ったムダ毛は医療レーザー脱毛を受けると良いです。

また安全性を高めるために家庭用脱毛器のほとんどがIラインやOライン、眉に施術をするのを禁止しています。IラインやOラインは粘膜に近く皮膚が非常にデリケートなので、痛みが強いだけでなく炎症を起こしやすいです。眉は誤って目に照射してしまうと失明の可能性もあり危険です。これらの部位は自宅で脱毛することはできないので、エステサロンや美容クリニックに行くしかありません。エステサロンや美容クリニックではアフターケアがしっかりしているので肌トラブルも少ないです。

毛根から脱毛 効果

VIO脱毛は専門機関へ

プロによる脱毛の中で最も確実性が高いのが医療レーザー脱毛です。これは、出力の高いレーザーを皮膚に当てることで黒色の毛に反応し、毛母細胞を破壊することで毛の再生を止めてしまう方法です。出力が高いために確実に毛根の作用でき、永久的な脱毛となるものです。

レーザーは医療機関のみで使用できるものです。医療機関であることで、痛みを感じる場合には麻酔クリームなどの使用ができたり、何かあった場合にはその場で迅速な対応がとれるという安心感があるのがメリットです。

肌の悩みや不調などにも相談、対応してもらえるというのも利点です。確実性、効果の高い脱毛法なので、自己処理がいらなくなり余計な肌トラブルが回避出来たり、一度で広範囲の施術が可能なので通う回数が少なくて済むのもレーザー脱毛の特徴です。気になるムダ毛がなくなることは心の安定にもつながり日々の生活がより楽しくなります。美容と心の健康により良い効果があるものといえるのです。

マシンによる脱毛効果

脱脚毛

一般的なエステや脱毛サロンで行われる施術は、エステティシャンによって施術が行われるため、使用されるマシンは比較的出力が弱く照射範囲も狭いため、個人差はありますが希望する脱毛効果を得られるまでには十数回以上の施術回数が必要になる場合があります。

これに対して医療脱毛は医師の資格を持つものなど医療従事者によって施術が行われるので、使用されるマシンは出力が高く希望する効果が得られるまでには5.6回程度の施術回数で施術が完了するのです。医療脱毛で使用されるマシンはその効果が高い反面、出力が高いために軽いやけどなどの肌トラブルが起こる可能性がありますが、医療従事者によって適切な処置やアドバイスを受ける事が出来るので安心して施術を受けることが出来ます。

そのために、脱毛効果が高く高出力のレーザーを照射できる機器を使用できるのは医療従事者のみと決められていて、一般的なエステやサロンなどとの違いを明確にしているのです。